「鯛のなんば焼き」

【野菜と魚】庄内地方はすっかり秋めいて日中でも肌寒い日が続いております。さすがに半袖はきつくなってきました…。
 庄内浜では比較的長い期間獲れる魚「鯛」。庄内でもおめでたい席には欠かせない食材です。坂本屋では尾頭付でご提供する場合が多いですが、今回ご紹介するのは「鯛のなんば焼き」。「なんば」は大阪を指しているとのことで、お好み焼き(ネギ焼?)のような卵とネギ合わせたものを鯛の切り身の上に乗せて焼いております。
 庄内の野菜と魚のコラボでちょっぴり焦げたネギの風味が香る上品な味わいとなっております。鯛の切り身は骨をきれいに除去しておりますので、食べやすい状態です。是非お試しください。